チャン・グンソクも惚れ込んだ、ウブロの「キング・パワーF1 Suzuka」が登場

先日、鈴鹿サーキットにて開催されたF1世界選手権シリーズ第15戦、日本グランプリ。9日に行われた決勝では、日本を第2の故郷と言ってはばからないジェンソン・バトンが鈴鹿初優勝を成し遂げるなど、大盛況のうちに幕を閉じたこともまだまだ記憶に新しい。

この日本グランプリに合わせ、ウブロより鈴鹿サーキットにインスパイアされた限定リストウォッチ「キング・パワーF1 Suzuka」がリリースされた。その発表会では、日本のCM、ドラマやバラエティに引っ張りだこな大人気の韓流スター、チャン・グンソクが登場。F1好きかつウブロファンであるチャン氏が同モデルに熱烈なラブコールを送り話題を呼んでいる。

鈴鹿サーキットの名前を冠した「キング・パワーF1 Suzuka」は、日の丸の白と赤をベースカラーにしたモデル。ディスクブレーキをイメージしたセラミックベゼル、レーシングスーツにも使用される耐久性・耐熱性に優れたノーメックス素材を用いたストラップ、そして、12時位置に配されたF1ロゴマークなどが組み合わされた、F1とウブロの深い絆を感じさせる絶妙な仕上がり。世界限定250本での発売ゆえ、気になる方は早めの購入を検討してみてはいかがだろうか。