10月スイス時計の輸出額は前年同月比12 . 3%減少した

スイス時計によると工業の連合会(FH)がこのほど発表したデータには、10月にスイス時計輸出額を突破にじゅう億スイスフラン(従来以上に簡単にできるの基準)、昨年同期と比べて減少した12.3%となり、本年度の最大の減少と月のひとつ。不利な基数効果と少ない仕事日(前年十月)力を発揮するが、主な原因はアジアとアメリカ市場の深刻な萎縮。
精鋼表や貴金属表を10月にスイス時計輸出変化誓約を基調とし、二者輸出額が下がった12%、輸出量の減少幅は更に明らか(それぞれ- 18 . 5%と- 14 . 3)。精鋼は、10月にスイス時計の輸出の輸出の総量は、大度。精鋼間金表(輸出量+ 16 . 2%)やその他の金属表(輸出量+ 1 . 0%)は積極的に表現するが、取り返しがつかない大局。
すべての価格帯の時計製品はすべて免れることができない。輸出価格を下回る200スイスフラン(輸出量- 7 . 2%、輸出額が- 10 . 5%)と500~さん、000スイスフランの間(輸出量- 7 – 8 . 2%の製品輸出額)も明らかに下がって、それでも無視できない。輸出価格は200~500スイスフラン(輸出量- 13 . 0 %増、輸出額- 13.2%)と高いさん、000スイスフラン(輸出量- 16.1%、輸出額- 14 . 3)の製品の輸出量や輸出額を超えた13%下落幅。
香港は本年度最も深刻な落ち込み、悪化を続けている。九月に続いて低迷後、再び陣地アメリカなくして、2か月連続の下落は着実に増加傾向を停止させる。日本は2014年のレベルを守るとしても、日本は2014年のレベルを守るという。中国大陸を受けようが仕事の日」の影響で、特に夏の後経験困難状況改善。ドイツとイタリアはやや落ち込み、中国大陸には。フランス(+ 7 . 1%)とイギリス(+ 11 . 5%)の表現は非常に積極的に。