スイス時計産業の救世主──ニコラス・G・ハイエック

スイスの時計業界を立て直した男が、ニコラス・G・ハイエックである。スウォッチの生みの親にして、スウォッチ グループの創設者である彼は、実のところ、時計産業とは無縁の世界からやってきた。

1928年、ハイエックはレバノンのベイルートに生まれた。スイス人と結婚した彼は、51年、スイスに移住。義父の会社でエンジニアとして働くようになった彼は、63年に、自らのコンサルタント会社「ハイエック・エンジニアリング」社を創設した。79年の時点で、ハイエック・エンジニアリングは300人の従業員を抱える、一大企業へと成長していた。

そんなハイエックに、スイスの時計産業がコンサルティングを求めてきた。その題目とは、どうすればスイスの時計産業を救済できるか、ということであった。当時クオーツ時計の登場で、機械式メインのスイス時計産業は瀕死の重態だった。

ハイエックは、70年代に開発された、薄型のクオーツムーブメントに着目。この設計を発展させる形で、安価なプラスチック製のクオーツウォッチを作り上げた。すなわち「スウォッチ」である。

ハイエックは、3つの点で他社に先んじていた。ひとつは、巨大な設備投資を行ったこと。彼はスウォッチを製造するために、全自動の生産設備を導入した。銀行も従業員も反対したが、この最新の生産設備によって、スウォッチの価格は驚くほど安価になった。

ふたつめは、巧みなマーケティングである。彼は時計の開発費以上に、マーケティングにコストを割いた。とはいえ当時のハイエックには、メディアに広告費用を払うほどの余裕はなかった。そこで彼は看板用の巨大なスウォッチを造り、それを世界中に展示した。同時に彼は、この時計がスイス製であることを強調した。

3つめは、厳格な品質管理を徹底したことである。他分野のコンサルタントに携わってきたハイエックにとって、時計産業の品質基準は実に甘いものであった。彼は品質を厳格にすることで、消費者の信頼を獲得するように努めたのだ。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。http://www.ikebukuro777.com/