東京ミッドタウン日比谷の 「イシダ・ウォッチ・ガレリア」 に希少時計ブランドが集結

東京・新宿を本拠とする時計店BEST ISHIDA。現在、BEST新宿本店のほか、ISHIDA表参道、札幌のISHIDAN43°などを展開しているが、また新たな店舗「ISHIDA WATCH GALLERIA(イシダ・ウォッチ・ガレリア)」が加わった。
新店舗を構えるのは、今年3月29日にグランドオープンした東京ミッドタウン日比谷の3階。地下鉄日比谷駅に直結し、アクセスに優れる最新設備の大型複合施設での出店となる。
芸術とエンターテインメントの街・日比谷で、同日の3月29日にオープンしたISHIDA WATCH GALLERIAも、この街の雰囲気に合わせて“時の画廊(ガレリア)”をコンセプトに掲げる。店内は木材やレンガを基調とした落ち着いた内装で統一され、まさしくギャラリーのようなオープンかつ広々としたスペースで、ゆっくりと時計選びができるようになっているのがウレシイ。
また、品揃えも充実しており、ビジネスユースを中心に人気のハミルトンやグランドセイコーなど、国内外の約20ブランドがラインナップ。なかには「UNDONE(アンダーン)」「BÓLIDO(ボリド)」といった、国内ではほとんど流通していない希少なブランドも含まれる。もちろん、独自の3年間アフターサービス、60回までの無金利ローンをはじめ、BEST ISHIDA共通のサービスも提供。一度、訪れてみる価値は十分にありそうだ。