ジョージ・グラハムがクロノグラフの原型を開発

任意のタイミングでスタート/ストップボタンを押すことにより、特定の事象の経過時間を計測するストップウォッチ機能。この原理を考えたのが、17〜18世紀に活躍した英国人時計師のジョージ・グラハムである。「グラハム脱進機」と呼ばれる直進式脱進機を発明したことでも有名なグラハムは、1720年頃、クロノグラフの原型となる時間計測機構を考案。このシステムでは原理上、1/16秒単位で計測することが可能だった。しかし、時計の発展を妨げたくなかった彼は、特許を取得することなく、自らの発明を他の時計師たちに自由に使わせることを選んだ。1821年、フランス人のニコラ・リューセックが、文字盤にペンで経過時間を記録する機械を発明。ギリシャ語に由来し「時間(chronos)を記録する(graph)」という意味で「クロノグラフ」と名付け、翌年に特許を取得した。それでもグラハムの名は、クロノグラフの父として歴史にしっかりと刻まれている。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏