ポルシェデザイン 使い勝手に優れるUTCを搭載した1919 UTCとド派手なバーゼルブース

参加者の減少が危惧されていた今年のバーゼル、正直に言ってしまえば”スカスカ”なところが目立ていたのは事実ですが、逆に空いたスペースを使ってより派手な展示を行っているところもありました。
一番と言ってよいほど派手だったのはポルシェデザイン(PORSCHE DESIGN)でしょう、なんとポルシェ博物館所蔵の初代911をはじめとし、GT3 RS、そして最新の992型カレラの3台を持ち込みました。

タイムピース部門が自動車のポルシェとコラボレーションすることで、車的な派手なプロモーションが行えるようになり、プレスデイのパーティーでは伝説的なレストアラーがポルシェを語るなど、時計の枠に収まらないド派手な展開が行われていました。

もちろんプロモーションだけではなく、資金が潤沢になったおかげで製品開発も活発に、今年の新作は使い勝手を考え世界を飛び回る人にピッタリな1919ラインのUTCです。

UTC表示を行うモジュールはポルシェデザイン原案、デュボア・デプラ設計・製造のエクスクルーシブモジュールでムーブメント全体で品質保証のクロノフィアブル認証と精度保証のCOSCクロノメーター認証を通過させています。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏