経典代表作品鑑の万宝龍ニコラス・凱世単ボタンのタイミング表

今年、万宝龍は新しいニコラス・カイ世ボタンのクロノグラフを発表しました。1821年に初めてインク式タイマーを発明したフランスの時計の大家、ニコラス・カイ世に改めて敬意を表します。
前作に比べ、新デザインの腕時計(モデル:118537)は、美耐華の懐中時計からインスピレーションを受け、斬新なデザインの円形のケースの直径44.8ミリ、デザインを新たにした銀色の文字盤は、レイアウト分布が調和しており、細部の制御面もより細かく、腕時計全体がより優雅になっています。腕時計にはマーブルオリジナルMB R 200のチェーンムーブメントを搭載しています。
タマネギの表冠、表の冠の先端は万宝龍の経典の六角の白い星の図案があります。
イタリアフィレンツェの万宝龍Pelletterria皮具工房によって作られた全く新しい青の目眩塗りクロコダイルの皮のバンドに、三重の折りたたみ式のバックルを合わせます。