故宮博物館きゅうじゅう週年宮廷文化「飞龙在天」「凤舞九日」などのエナメル表

故宮博物館きゅうじゅう週年を祝うために、故宮に発売した「愛のかたまり龍鳳」や「太和無象」2項の美しいエナメル表。これらの腕時計は故宮文創チーム宮廷文化を頼りに、选取竜、鳳など伝統的な文化の要素は、結合伝統と革新のエナメル技術、共同で世界トップクラスのエナメル腕時計大師、設計、生産、製作したエナメル腕時計のシリーズの製品だけでなく、故宮博物院を記念物創立90週年は、中国へのエナメル芸術と技術の敬意を表する。この製品の研究開発が保護、伝承して中国悠久のエナメル技術を発揚し、伝統的な職人精神を再び煥発させることを希望している。
「飞龙在天」エナメル腕時計
「飞龙在天」エナメル腕時計全体体だけ巨竜鱗200枚以上の数を直径ない0.4mmの黄金いちいち素子制が完成し、掐丝エナメルマスターできる深いのは明らかである。また、巨竜のうろこの繊細な色やグラデーションカラーすぎ、海の波紋の焼いても明らかであるエナメル大師、色の運用完璧に優れている。
「凤舞九日」エナメル腕時計
「凤舞九日」エナメル腕時計は咲く牡丹と豪華な鳳凰制作は同じ面盤、鳳凰の尾羽色とりどり派手な、牡丹の花の色みずみずしい腕時計は、全体の色にじゅう種以上の数、微細なグラデーションや、様々な色の色を見せた衝突、牡丹のなまめかしいと鳳凰の豪華な、体現美しいエナメル芸。