腕時計のメンツの工事は、美図ではない。

これまで皆さんに機軸の問題について検討してみましたが、個人的には腕時計の霊魂だと思っています。いくつかのブランドがコアの問題を解決した後に、腕時計の皿の装飾に工夫を凝らしているので、この文章だけではいくつかの比較的な経典の装飾工芸を紹介します。
エナメル工芸は、表盤の装飾の中で比較的によく使われていますが、伝説の大明火エナメルはみんなが実際に鑑賞する価値があると言われています。エナメルは、実は景徳青と基本的に同じ工芸で、エナメルは外来語の音訳でしかない。エナメル工芸には、エナメル、内にエナメル、エナメルなどがあります。腕時計に使われる大明火のエナメルは、同じエナメルに多層色を塗って、ストーブの火で焼く。
大明の火のエナメルの工芸は比較的に煩雑で、一般的に表盤の上でどのくらい色があって、何回の焼き焼きを経験します。上色の場合は、浅から深さ、暖かい色調から始まる順番を把握し、毎回色が色を合わせます。1つの色系を終えて800度の窯に入れてエナメルを溶かし、取り出してから自然に冷まして、冷却した後に色を入れて、一度の上色をこのように三回繰り返すことができます。ミネラルによって精錬されたエナメルは、多くのミネラルの利点があり、不透過性や浸水などの優れた表現ではなく、エナメルの生地が硬くて、宝石のような光沢と透明感を持っています。