必読貼る!腕時計の魂:各家名がまとめて

中国には古い言葉がある。「金玉の外には、その中に負けた」という言葉がある。でも、腕時計と何の関係があるの?もちろん大きなありますが、腕時計は絶妙なアイデアやデザインのほか、腕時計を正常に運転する機軸として、腕時計の魂の所在といっても過言ではないでしょう。機軸の良し悪しは時に腕時計の運命を決めた。
皆さんは、金玉が外にあることを自然に望んでいます。内にも同じように、このような要求は、ホストの芯を持つ製表者の中で、やはり満足できるはずです。そこで、今日は、いくつかの有名な製表者の中の1つまたはいくつかの一般的な機軸を紹介します。
最近はランガーにハマっていたようですが、誰が徳表のお兄さんですか。ランガーのコアは基本的にはバランスがとれていると言うべきですが、その中には、誰かが押し付けているのを見たことがあります。この機の芯は朗格の比較的経典の機軸の芯であるべきで、その上その発売の時間も比較的に早くて、たぶん1999年ごろです。
ドイツ製時計ロレックスコピーの基本的な特徴を持っています。古典的なフローリング、青鋼のねじ、そして宝石の黄金のソケットのほかに、ドイツの銀の橋、ゲーラのスレの縞、彫花の飾りの挟板などはすべて制表界のラン格の決心を示しました。この機軸は、正確にジャンプした時にポイント盤と飛戻し装置を備えています。また、クラシックの伝導柱が装備されています。L 951.0機軸の中央のカウントダウンは、左右離合装置を採用し、歯車の間のかみ合いによってカウントダウンを行います。