リチャードMille純手工制ケベック鐘

リチャードMille(リチャード・ミラー)はこれまですべての製品を世界の注目を集めるか――時計と時計は皆そう。つい最近、リチャードMilleはその最新最大の製品の展示が出てきた:に捧げるケベック州の市の鐘。この巨大な钟高达じゅういちフィート、重さはよんしよ、000ポンドは、リチャードMille史上最大の時計の一つ。この時計は大きくて大きいだけでなく、重さ、デザインなどにも匹敵する高級時計:2つの表示窓口に別れを表示するために使用する現地時間の時間と分によると、もうひとつは表示するために使用する第二区(リチャードMilleの発祥地フランス東部地域の汝引き省)、万年暦。
定速度逃げ構造も、針が何に位置し、いつも等しいトルクを維持して、1項の等式バネバネ、除去再にもたらすいかなる影響。置き時計搭載類似RMムーブメントの一部を含め、稜紋の橋(la RM 003)から、RM005のシャーシやRM055からいくつかの他の橋。
制作を始めてから、この置き時計前後6年の時間がかかる。亜光、マイクロ磁性ビーズの爆破、研磨や表面処理などはすべて手作り完成、とのいかなる1項RMに匹敵できる腕時計。ただこの置き時計を完成させるために、リチャードMilleは使用したろく、571時間の研究を行い、さん、952時間を組み立て、調整、独立した部品はご、451個。