「光陰矢の矢の如し」パマキニの自動鐘

「光陰矢の如し」という理念をもってインスピレーションの源としていますが、このスーパー時計もいつまでも止まらない時間で、魅力は尽きません。長いか短くても、敵も友も、時はいつも勝手に流れて、公平を失うことはない。時間の流れを阻むのではなく、時間を引き止めることではなく、よりよく時間を見ることになる――という驚異的な傑作のアイデアの出発点で、母馬と駒のイメージデザインが生まれるという、一般的な機械動偶もそのために神聖な名称「Hippole」を冠している。勉強する。
パマキニ「高級時計」製造工場は唯美時計の創造に精通し、このような時計の制作は、神秘的なベールに包まれた見事な芸術である。アンティーク時計や機械動偶に対する修復の仕事によって、パマキニは様々な歴史的傑作を理解し、ブランド自身のアイデアを練り続けてきた。次々と世に出てきた独金時計の作品は、ブランドという抜群の創造力の明証であり、いずれも制表界の華美といえる。パマ強ニはかつて抜群のダイナミックな彫刻の鐘を作りました。今年は、パマギニアの夢はさらに高い。
ブランドは自分の生命力を持っている自らの自動鐘を構想し、世界の有名な自動鐘師の手が生き生きと現れている。「マurice- Yves Sandzの秘蔵」には、パマギニの歴史は動物王国と縁が浅いため、そのために、高貴なアラブ純種の砂漠馬のイメージを採用し、傲慢な勇気と忍耐力を突き出した。パマ強ニは、見習いを重視しているが、これは「知識の伝承」がブランドの核心的価値観の一つになっていることから、その自動鐘のマスターは、母と馬の駒と共に駆け回るイメージをデザインし、白金の彫刻の形で現れた。一対の馬は砂漠と砂丘を象徴する楕円ガラスの棚の中を疾走している。このガラス棚はフランスの水晶ブランドレディーによって作られます。