程良い内向性IWC万国ボータフェノ自動腕時計

万国の柏濤菲諾シリーズといえば、真っ先に思いつくのは簡単で古典的な外観であり、優雅で内向的です。柏濤菲諾シリーズのシンプルな外形と複雑ではない腕時計の機能は、万国ブランドの入門の礎とも言われています。おそらく万国の世界に入るには、柏濤菲諾が一番入手しやすいデザインです。
柏濤菲諾のデザインの起源は1953年にさかのぼります。当時の380型のデザインで、簡単な大三針、半涙滴式の時計耳は1984年に柏涛菲諾シリーズが正式に発表された前身です。第一弾の柏濤菲諾腕時計5251型に搭載されているムーブメントは、Cal:9521型の懐中時計ムーブメントで、腕時計のケースの直径が46 mmに達し、月相表示も行われています。しかしその後、柏濤菲諾シリーズのケースはサイズを縮小し始めました。
1988年には、万国ブランド成立120周年に当たり、精巧で気品のあるデザインの柏涛菲諾2532型モデルが発売されました。この腕時計は金質のケースで作られ、ローマ数字で配られています。同年、ハイブリッドタイプのCal.631型のムーブメントを搭載した柏濤菲諾3731型のモデルが登場し、そのタイミング装置は233個の部品から構成されているが、ムーブメントの厚さは3.8ミリしかない。1993年、IWCの万国時計は柏涛菲諾の手作り上鎖腕時計(モデル2010)を発売しました。その極薄芯の厚さは1.85ミリしかありません。このIWC万俵ファミリーの中で最も細い腕時計は2005年まで販売されています。2007年には、機械的なクロノグラフも柏濤菲諾腕時計シリーズに加入しています。