全世界に12枚だけの漸変エナメル腕時計

今年、エマサはエナメル技術を表盤に移植し、工芸と美学を兼ね備えた雄虎のテーマ腕時計を生み出した。漸変エナメルはフランスの1種の暗い花の装飾で、初期は陶磁器の上にしか応用されていて、このような工芸は光によって異なる構造の図案を突き抜けることができて、エマサはエナメルと金鳥の技術を結びつけて、猛虎を生き生きとして生きます。
インスピレーションは、1980年に芸術家のRobt Daretがエマサによって作成された絵に由来し、表盤に現れるために、まず陰に技術を作って図案を作り、さらに薄いカレー色の陶磁器を注入し、最後に逆さに成形する必要がある。職人たちは、陶磁器の透光性を巧みに駆使して厚みがあり、厚くなるほど透光性が弱くなる。このような取り組みは、エマサによって、最初のミナメル技術を使用して表盤に現れた腕時計ブランドになり、2年ぶりに彫刻芸術と結びつけ、光を通して盤面独特の立体感を呈する。
エナメルカラーは、彫刻の凹みに大量に蓄積され、完全に部分を覆い隠すことができないため、彫刻家には、まず浮彫の技法でテーマを見せ、半透明のエナメルを塗り、繊細で浅くない鮮やかな層を作ります。実際には、大虎を直接彫刻するのは難しいとは言えないが、絵巻における神態や動勢を再現しても容易ではない。最終的な完成品はやはり人の望に負けず、アルクィアの漸変エナメル腕時計は虎の縞の濃淡に変化して、輝いて輝いていた。
表盤としては、表体の最大のハイライトとして、猛虎の模様を最大限に見せるために、秒針を捨てて、ブランドのロゴや発祥地も表盤の先端に置く。直径41ミリの表板を750プラチナで作成し、霧面のシラガー色短キスとワニの皮の表帯リンク不対称表耳—マヤの造形デザインに由来する。