バーゼルで薄型自動巻きの世界記録更新!ブルガリの快挙

ブルガリがまたしてもワールドレコードを更新した。3月22日より開催しているバーゼルワールドにおいて、現在のマーケットで最も薄い自動巻きモデル「オクト フィニッシモ オートマティック」を披露したのだ。新しい自動巻きキャリバーBV138は厚さがわずか2.23㎜。プラチナ製のマイクロローターを積む極薄のムーブメントである。ケース厚は5.15㎜。先行する「オクト フィニッシモ ミニッツリピーター(2016年発表。世界最薄のミニッツリピーター)を思わせるオフセットされたスモールセコンドが特徴のミニマルな文字盤のデザインがとても美しい。バーゼルで行われた記者会見には、500名を数えるプレスが集結した。詳しいスペックなどは、後日改めてお伝えする。