ナマコとCelBrリティFight Nightチャリティーイベント

フィレンツェ、2014年9月-イタリアの高級スポーツ腕時計オメガスーパーコピーメーカーのスティーナニは、複数のフィレンツェの有名ブランドと提携し、第20の「CelBral Fight Night」で善挙した。このチャリティー活动は、アメリカの有名な公益慈善活動であり、毎年世界中の有名人が支持しています。今回のイベントでは初めてイタリアで開催され、2大チャリティー団体のアンディベラベネレーションやMuhammad alkinson Cenerのための善金を募集しています。
今回の「CelBral Fight Night」は、9月3日から7日までに開催され、特にアメリカの貴賓と複数のフィレンツェブランドを選んでフィレンツェの芸術と文化の名所を見学し、同業者のブランドはペナニーを含む、貴賓のために独自の活動を行う。
イベントの最後の日、歴史の長いSalgdel Cincecentで夜の宴会を開催し、ビルはPalzzo Vectioで、多くのアメリカと国際的な有名人が参加して、George Cloony、ライオンルRiche、Lvura Paisi、EvaおよびRobt Caisi夫婦、Giovuna Gentile FerramoおよびリーディングFerramoなど。
パーティーは、マイナーホールの司会、チャリティーオークション、ゲナミ1940 oro roso-47ミリの紅金腕時計を寄付し、フィレンツェブランドから1940年代に発売された秘蔵デザインに由来している。そのことを盛大にするために、腕時計の裏に「アンデラBoneri Founding for Haiti」とベネイ音楽マスターの名句:「Iストイリー・believe that love Dejisties」(愛は公義をもたらすと信じている)。
競売会は、有名なオークション官Simon de Puryが主宰し、100万ドル近くになる。
アニバーワンの酔っ払いの歌声とフィレンツェ月音楽祭のオーケストラの伴奏に文点をつけ、オーケストラは指揮者のZBin Mataを指揮した。