オメガ(Omega)の時計の時間の注意事項

一オメガ(Omega)時計曜日カレンダー跳び格、制格によって速度の2種類、第一種±ご分で跳び格カレンダー完成、二つ目はさん時間以内に跳び格カレンダー完成。
二会うならば採用螺旋式表冠のオメガ(Omega)時計、壱ハードを抜いて、先に逆時計回りに回転する開くロックの表の冠、調整は良い時間後には、オメガ(Omega)表冠時計回りに回転してプッシュロックに取水。
三会うならば帯カレンダーのオメガ(Omega)表必要調節日付には、まず、カレンダー転勤にご入用日付の前の日に向けて、その後針を調節する日付を経て、当時の針は真夜中じゅうに時日付変更を避けることができる、直接調節日付に日夜の混乱れる。
四オメガ(Omega)腕時計のカレンダー、曜日、月相の調整ゆめゆめ腕時計の時間21:00PM—3:00AM間の操作で、この期間カレンダー機能は動作し、同時に歯車かみあい度の低いとき、頻繁な動きが損傷オメガ(Omega)腕時計の内部パーツ。