【腕時計レビュー】ビビットカラーのオレンジ稲妻針!Ref.116400 ミルガウスをレビュー

今日は約20年もの沈黙を破り、2007年に現代に甦ったミルガウスをレビューしたいと思います。
ミルガウスのルーツは現代から遡ること約70年。

1950年代に世に登場しました。
1950年代と言うと、経済の発展に伴い工場や研究所等の磁場を伴う職場が急増しました。

この時期、IWCがインヂュニアを造ったようにロレックスも耐磁時計の開発に力を入れます。
1950年代ファーストミルガウスとして登場したのがRef.6541です。

回転ベゼルやドットインデックス仕様のスポーツモデルに近い仕様で登場します。

稲妻針はこのモデルから採用されています。
1960年代になるとセカンドモデルとしてRef.1019が登場します。

初代で採用された稲妻針やスムースベゼルは廃止となり実用時計として進化を進めることになります。
30年近く製造されますがクオーツショックには耐えることができず80年代後半には生産終了となります。

しかし再び機械式時計が隆盛を極め、磁場が発生するものが世にあふれるこの時代になり、ミルガウスは必然的に復活を遂げました。