腕時計のメンテナンス費が高すぎますか?これらのメンテナンスは自分でもできます。

腕時計は普通3年以内にメンテナンスポイントに戻して定期メンテナンスを行います。費用が少ないと三百円以上かかります。多くの時計友達はメンテナンス費が高すぎると嘆きます。定期的にメンテナンスする前に、何か日常的なメンテナンスが自分でできますか?じゃ、今日は魏さんがみんなに小技を教えます。お金を節約できるかもしれません。
1.外観保守
腕時計の部品の中で外界と接触するのが一番多いのは時計のケースと時計の鏡です。空気中のほこりと雨が積もって、時計の鏡とケースの隙間に多くの汚れが隠れています。夏は汗が頻繁に出る季節です。表の底と腕の汗が接触して浸食されやすいです。隙間の汚れはきれいにしないと金属層の腐食が黒くなり、美観に影響します。そのため、汗をかいたら腕時計を外し、少量の洗剤がついた柔らかい布で表の底を拭いてからかけます。
説明:C:\Users\Administrator\Desktop\nikita-burdin-629-unsplash.jpg
腕時計の外観は清潔で、簡単な操作です。鏡に付着した汚れは少量の洗剤がついた柔らかい布で拭くことができます。軽いキズがあれば、歯磨き粉を使ってキズに塗ることができます。柔らかい布で軽くこすります。キズを薄める効果があります。時計の鏡とケースの接続先、時計の冠の隙間の汚れは硬いブラシで丁寧に取り除くことができます。きれいにする時はお湯を使ってはいけません。腕時計の中に水蒸気が出ないように注意してください。パテックフィリップスーパーコピー時計のブランド時計コピー通販です。弊店のパテックフィリップコピー時計等のブランドコピー時計は送料手数料無料で、業界NO.1品質2年無料保証です。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。