ロジャー杜彼方エクスカリバーQuatuor四摆轮腕時計

1996年に今、ブランドの特色と専門技術が相互融合することが得意とされ、そのメカニズムの分野においても高い。ブランドが出した腕時計シリーズは、果敢な気概と発奮に情熱を求め、完璧な卓越、表裏と追求の価値観念を追求している。2005年生まれのエクスカリバーシリーズは、2013年に発売して間もなく数項の新しい作品になる势将ジュネーヴ国際高級時計展で注目の焦点。そしてエクスカリバーQuatuor四摆轮腕時計は今年ロジャー杜彼方でSIHH表展で発売の目玉。
エクスカリバーQuatuor四摆轮腕時計を一目経は人に強い衝撃を感じて、上下左右するよんしよ四つの角の摆轮。1枚の腕時計が二つの摆轮、F.P . JourneかつてChronometre aを入れResonanceに2つの摆轮、それらはお互いに相手のエネルギーを吸収され、協調に互いの週波数、令腕時計に行くよ。たとえロジャー杜彼亦発売されたことは二組の摆轮Double Tourbillonだが、今回は共有よんしよの摆轮出場が、腕時計の発展史の上で破天荒な試み。