ディジタル跳秒設計F.P.Journe新しいVagabondage腕時計

腕時計を風靡しで圏は待った大手以外にも、たくさんの独立タブブランドや工房は、彼らが成功することができるので、多くはそれらの生産の高い複雑な機能の腕時計、F.P.Journeは近年注目の独立ブランドの一つ。独立ブランドの人員や製品は小さいが、生産の製品は多い。今年F.P.Journe登場しVagabondage III腕時計、腕時計が新型プラチナとバラの金2バージョンで、全部で生産に搭載されたムーブメントだけ137枚が少ないので。
2004年の記念時計競売場Antiquorum成立さんじゅう週年、Fran C ois-Paul Journe ICMのためにわざわざはジュネーヴ開催のチャリティーオークションを設計した特別な表項で、これはVagabondageの前身。当時の時計を持って金とは異なり、尋常の非円形扁平樽形のケースは形に、文字盤にディジタル時間表示、そしてブランドロゴを設けず。当時の共有さん枚それぞれ白金、黄金とバラの金で作られた同シリーズは腕時計黄銅ムーブメントを搭載。
F.P.Journe 2006年に正式発表Vagabondage I腕時計。この指腕時計の設計で、Fran C ois-Paul Journeのオリジナル作品で、それに一つの時間を「漫遊」のディジタル時間によると、「ホームレス」を名目に。腕時計配備平たい樽形のケースは、慣例とF.P.Journe採用の円形のケースデザインで異なる、そのうちプラチナバージョン限定生産69枚をはめ込んドリルの特別版はじゅう枚限定版が発売され、18金手動で内蔵バラチェーンムーブメント。