帝舵紅青圏GMTも超公価

今年のバーゼルでは、腕時計のブランドについて言えば、ロレックスは間違いなく最大の勝者となっています。この製品を発表した新製品の中で、運動金は基本的に、鉄殻の五珠鎖百事圏GMT、間金黒ブラウンGMT、ロレックスの新金鬼王などが含まれています。同じロレックスグループの舵も遅れていたようで、最近ある海外の時計取引サイトを見ていると、帝舵新金の赤青圏GMTも超公価であることがわかりました。
2015年に自らの自産の機軸を打ち出して以来、帝舵表がGMT表を出すと予測されていたが、年々予測が外れていることから、今年のバーゼルの神舵で発売されたブルー湾のグリニッジ型腕時計パネライコピー(Black Bay GMT Polsi 79830 RB)は驚く。さらに驚くのは、赤青百事圏のGMTモデル。
帝舵は近年、自ら自主的な道を歩み続けていたが、ロレックスという「神」というブランドに背いていて、それを利用しないわけにはいかない。確かに、帝舵が近年発売された新金は自主的な腕時計で、自分のファンも少なくありませんが、いくつかの時計でもロレックスの影を見ることができます。例えば、帝舵の昨年発売された「小さな緑の盾」、例えばこの百事圏GMT。ロレックスの人気要素を自分のテーブルに使って、同根同源の身分を加えて、自然の身が倍増する。