行雲流水中式の筆致、アークドロと中国の百年ラブレター

アークドロは中国とは不解けな縁を持っている。1783年にアークドロが紫禁城の扉を開いた時から、中国はヤクドロのブランドの歴史の中に溶け込んでいて、乾隆皇帝の御賜ブランドの中国語名にしても、今では故宮館蔵の数十件のアークドロ時計の傑作であり、二者間の百年の縁を説明していない。アークドロの職人の大家にとって、中国の要素はずっと表盤上の重要な構成部分である。彼らは中国文化に中国文化に敬意を表している。多くの代表的な要素をもとにして、アークドロは芸術工坊シリーズで味わい永いラブレターを書いている。
ヤクドロは旧暦の犬の年の際に2つの霊犬時に小針盤腕時計を出して、優雅な動き、生き生きとした北京の犬を捧げて、ブランドと中国の数百年の長い縁に敬意を表します。北京の犬は中国の古い犬の種で、秦の始皇帝の時代から宮廷の中で養われていて、ずっと皇室の貴族が独り占めしている愛犬です。それは活発でかわいいし、高貴なイメージを持っている。小柄な体型で、袖に隠れてしまうことから、「袖犬」とも呼ばれる。