スワールグループは、年間売上高の増加目標を10 %以下に引き下げた

スイス法郎の大幅な上昇圧力と、最大市場の香港と中国本土の販売が悪化していることから、2015年度に10 %の売り上げを記録した世界最大の時計メーカーSwatchup Group AG(UHR . VX)グループは、この目標を引き下げなければならないと予想されています。
Swatchup Group社の首席執行官Nick Hay kは、「ウォールストリートジャーナル」の取材に積極的な発言をしたが、彼は、グループの上半期の表現が優れているとしても、U郎の影響で年間販売の幅が1桁になることを示した。
非ファッション的な中国語網のデータによると、Swatchup Group SAスワキグループの上半期の純販売は、昨年同期の41.02億スイングから41.92億スイングまで増加し、市場予測に合致した464億スイングに合わせて、為替の影響を除くと3.6 %に増加し、ユーロ決算では18.7 %の増長となった。営業利益は7.61億ライナで、市場予想を上回る7.42億スイングを超えていたが、昨年の同時期に8.3 %下落し、10年ぶりに2人連続で2人連続で下落し、営業利益率は200ベーシスポイントで18 %に減少し、前年同期は20.2 %となった。
グループは7月中旬に半年の新聞を発表した時に5、6月の販売増加がすでに加速していると指摘し、グループの40 %の割合を占める中華地区の下半期が回復すると予想されています。しかし、SwキスWatch Industy Feringスイス時計工業連合会のデータによると、7月の輸出が前年比9.3 %下落した。2009年11月以来の最大の下落幅は、アジア市場の暴落を受けて、中国大陸の下落幅が39.6 %、瑞表の最大輸出市場香港は28.7 %、アラブ首長国連邦と南韓29 %と19.7 %が下落した。