モンブランデジタル版バスコ・ダ・ガマ航海日誌「Roteiro」

有名なポルトガル航海者は、世界にトップ海上から遊歴からインドのヨーロッパ人――ガス科・バスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)、さん回海外探検中に記録した航海日誌「Roteiro」までポルトガル首都リスボン航海博物館の中で展出。科学技術の発展にしたがって、近日、モンブラン傾情賛助リスボン航海博物館はガス科・バスコ・ダ・ガマ航海日誌デジタル化を期待され、2015年きゅう、く月限定発売ポルトガル語と英語版1500本、これ世間にこの偉大な航海者。
ポルトガル国王の選択で、ガス科・バスコ・ダ・ガマは1497年ななしち月はち日を探し始めインドへの海上航路。千難しい万阻を経て、最終的には1498喜望峰船団を、年ご月にじゅう日到着マラバール海岸近くのインドキャリークドリャフカし、ポルトガル豊富なスパイスを持ち帰ったことから、ポルトガル海外貿易の道を切り開く。今回、モンブランをリスボン航海博物館はガス科・バスコ・ダ・ガマ航海旅の中での見聞を経て、風雨の艱難展示は世界でみんなを知られ、その探険家の同時に、更にとガス科・バスコ・ダ・ガマの崇高な敬意。