MasterGraff3は腕時計に紹介を聞きます

MasterGraff3は腕時計に3配備したのを装置を聞く聞いて、つける者は上へ設けて殻の側面の3を表すにただ専用でつるつるなグロックを表しを聞きを推進しだけなければならなくて、すぐ時間を知らせる機能をスタートさせることができます。2つのドライブハンマーその上2切れの音のリードの異なる組合せ、それぞれ異なる高の低音で時間、時計と分を刻みを知らせることができます。あって80時間の動力備蓄物の手動の上で機械のチップを精錬する以外、この男らしくて勇ましい風格の十分なメンズファッションの腕時計はまた(まだ)飛んで陀はずみ車に帰りを配備して、6時円の孔があってこの精致な陀はずみ車にすっかり公にさせて、円の孔へりはまた(まだ)1つの小さい秒針の円盤をめぐっています。
黒い漆あるいは白い漆の時計の文字盤の上でバラの金が設置されている時表示して、12時人がまた(まだ)象眼して宝石を切断するグラーヴのシンボル的なデルがあります。冠を表してグラーヴの特有な先端のラインストーン設計を採用して、47ミリメートルが面を刻んで殻を表す単に円形のダイヤモンドの中からくみ取る霊感です。この独特で優雅な時計のモデルは黒色あるいは茶褐色ワニの皮バンドとグラーヴの独占的なぬいあげによく合ってボタンを表して、用意して選ぶことができるバラの金とプラチナの2種類の材質があって、一モデルごとに皆厳格に制限して30発行します。