Hamilton IN-MATIC AUの反パンダフェイスプレート

ハミルトンは、1968年のクロノグラフAに敬意を表してクラシックモデルを再設計しました。新しいIn-Matic自動クロノグラフは、1960年代の真の外観を備えています。

1968年、ハミルトンは2つのバージョンの双眼クロノグラフを発表しました。 1つのバージョンはパンダダイヤルで、もう1つのバージョンはリバースパンダダイヤルで、36mmの直径は自動巻きムーブメントと一致しています。 市場で最も人気のある中世の時計の1つであり、見つけるのが最も難しい時計の1つです。

2017年、ハミルトンはリバースパンダのフェイスプレートを備えた最初のIn-Matic Auto Chrono(42mm)をリリースしました。 一年後、パンダ版が出ました。 同じ動きですが、今回は白い文字盤と黒い小さな文字盤を使用しています。 クールで成熟していますが、1,968個の限定生産です(すべて完売)。 2019年、ハミルトンは新しいブルーフェイスのイントラマティック自動クロノグラフを導入するために引き続き努力を続け、前世代のクラシックなデザインを継続し、いくつかの特別な機能も備えています。