デイリー仕様になったブレゲ

いまから約200年前、ナポリ王妃であったカロリーヌ・ミュラがブレゲにオーダーしたリストウォッチへのオマージュとして創作されたのがこの、Queen of Naples(クイーン・オブ・ネイプルズ)である。発売以来、世界中で高い人気を集めてきた、クイーン・オブ・ネイプルズには、ブレゲ独特の個性が随所に発揮されている。ゆるやかに曲線を描く卵型ケースや4時位置のリューズ、このモデル専用にデザインされたストラップのボールラグなど、非常にインパクトのある独自の存在感をもち、女性的なリストウォッチとなっている。

その、クイーン・オブ・ネイプルズに少し大ぶりなサイズのステンレススティール製モデルが登場した。これまで、ダイヤモンドセットのゴールドタイプだけだったコレクションにこのニューモデルが仲間入りしたことで、TPOを選ばない、デイリーなアイテムになった。デイリーモデルとはいえ、ブレゲらしい高いクオリティは維持されている。側面にフルート装飾をあしらった、カーブを描くフェミニンなケースや、オフセンター配置のリューズ、アリゲーターストラップをとめている6時位置のボールラグなど、ブレゲのシンボリックな技法は細部にまで反映されている。

文字盤はホワイトナチュラル マザーオブパールで、「12」と「6」の浮きだし模様のアラビア数字とシリアルナンバーがあしらわれる。また、サファイア製のケースバックからは、自動巻ムーブメントを見ることができ、精緻なものづくりで知られるブレゲらしい演出がなされている。また、伝統的な高級時計製作における技法もそのままに、ゴールド製ローターには手動旋盤で手彫りしたギヨシェ模様がほどこされていることにも注目したい。

ブレゲ|BREGUET|クイーン・オブ・ネイプルズ|02
今回搭載されたシリコン製の脱進機は、「ブレゲは、美と先端技術との完璧なる融合だ」という、前CEOニコラス・G・ハイエックの言葉を如実にあらわしている。さらに、ひげゼンマイにもおなじくシリコンを採用し、磁場の影響を排除することで、時計の精度をさらに進化させたのだという。