控えめな小さいダークホース――ロンジン経典復古シリーズ1945小三針腕時計

今年の初めのバーゼル表展では、見るにロンジンこの時計ブランドにしてあれらの再復刻のクラシックスタイルの魅力的な風格、間違いなく今回の旅の中で収穫が最大の見所のひとつ。私たちが見ているこの経典復古シリーズ1945小三針ともいえる腕時計、絶対に世紀半ばの正装時計が最も完璧な1種の解釈と現れる。1945年でブランドのモデルをされCalatravaの時計を表ファンになるデザインセンス源、新しい発売の復刻小三針腕時計を様々な角度からから見ても完全には指一本も差させぬ。もっと面白いのは、時間倒回から2015年に、それの原形はかつてSunflowerman画報の中の水彩画の時計のテーマのページの中で出ていた。
40 mmサイズの精鋼ケースラインは非常に簡潔に、少しの「ポニョ」について、平らなベゼル、適切な幅、組み合わせで小さく精緻な表冠、優雅な雰囲気が装着者の間で振る舞いに配布。銅色牛巴戈材質のバンドである単行針縫い印はどんなで正装はレジャーの場合、それが最適な姿勢で対応する。
本当の注目の焦点はこの時計の盤面にある。小さな心の間、ロンジンはいろいろな精緻な細部の中に置いて、きっともし言葉で形容その配置ば、それは:人を魅惑する。まず目に映るのが私達にまるでベルベットのように古典の繊細なブロンズ曳糸凸状の表面には、目が少しずれ、次がくっついて現れたのが交互に設計の中世アラビア数字やシルバーの宝石時間尺度点、最終的に、すべて以上の要素と合わせて、長く優雅な葉藍鋼指針形成を鮮明にの対比が浮き彫りになった抜群の可読性。以上は小三針腕時計、秒針はもちろん自分の領地を持って、ろく時位に位置する所のそれに見えるけどとても精緻はとてもはっきりしているが、更に像は存在するために存在させ、文字盤下部に同時にないと、少しのおもしろさを感。