SIHHで話題を集めた新作3モデルが発売スタート

世界でも有数のヴィンテージ・カーのコレクターとして知られ、レースへの熱い想いをもちつづけているラルフ・ローレン氏。彼のレーシングカーに対するオマージュを腕時計に投影したスポーティング コレクションからは、レッドまたはイエローのアクセントカラーが鮮やかな「スポーティングクロノグラフ セラミック45mm レッド レーシング ストライプ」と「スポーティングクロノグラフ セラミック45mm イエロー レーシング ストライプ」がそれぞれ登場。

このデザインはラルフ・ローレン氏のコレクションのひとつでもある1950~60年代のフェラーリのレーシングカーのエクステリアとカラーをヒントにデザイン。スクリューと折りたたみ式バックルを除く、ケース本体とブレスレットは最新のハイテクジルコニウム・セラミックを使用するとともに、ブレスレット中央部分にあしらわれたレッドとイエローのストライプにはラバーが採用されている。

文字盤中央のクロノグラフ針は、このストライプと同色に仕上げられており、明確なアクセントとして存在感を放つ。さらに、ジャガー・ルクルトがラルフ ローレンのために特別に製作した自動巻きクロノグラフを搭載するなど、随所に見られるこだわりが時計愛好家をうならせる逸品だ。

また、馬具のあぶみのフォルムをケースデザインに採用したスティラップコレクションには、ステンレススティールケースのモダンな新作も入荷。ぜひラルフ・ローレン氏が掲げる“時計の美”を手にとって確かめたい。