2万円前後、「スーパー毒」の青い鋼の針時計がおすすめ

「青い鋼の針」という言葉を初めて聞いたとき、時計は青い時計の針を採用していると思ったのを覚えています。しかし、これは半分しか理解されていません。実際、「青鋼」は時計の針の焼成技術を指しています。ステンレスの針は加熱、酸化、焼入れなどの一連のステップを経て、最終的に特殊な青を「焼く」ことを指しています。針が均一な青になるのは容易なことではなく、時間や温度などを正確に判断する必要があるため、青鋼の針は時計の色値を高めるだけでなく、ブランドの時計技術の試練でもある。この文章では、3つの青鋼の針時計を見ることができます。国内の公価は2万状元ぐらいです。
浪小琴黛あだ名ヴィーナ時計シリーズは1997年に誕生して以来、長方形の時計ケースデザインで注目されている。デヴィナ、この名前の字は優雅ではないでしょうか。実はこの列の名前はイタリアのla dolce vitaの生活理念に由来して、人々がリラックスして生活を楽しむことができることを望んでいます。浪小琴黛あだ名維納シリーズの時計はこれを設計のインスピレーションとし、上のような時計に、まず古典的な長方形の時計殻の設計を維持し、時計は精鋼材質を採用し、サイズは28.20 X 47.00 mmである。文字盤は米の色と銀色の装飾から、アラビア数字と時伸をペイントし、青鋼の針を組み合わせて、6時の位置を日付として表示し、ディスク面の設計を簡単にしても単調ではなく、レトロなArt Deco風味もあります。腕時計はL 592自動ヘアピンムーブメントを搭載し、約45時間の動力貯蔵を提供している。