愛の時計族に従い2017年ジュネーヴ国際時計展

いちから月までじゅうろく日いち月にじゅう日、つまり今週の月曜日から金曜日までは、年に一度、注目のジュネーヴ高級時計国際サロン(SIHH)開幕の日。この時計業界盛会を招いてヘビー級の有名な腕時計ブランド、その他のいくつかの2017年に最近加入の独立タブ商。それだけでなく、この1回の表を迎えたジュネーヴ展も大切の変革を表展の最後の日には、設立を一般開放日、この動きを変更すると、普段の招待状制度によって、世界中の時計ファンも会場に入るチャンスがある、感じは高級時計の無限の魅力。そして愛表族チームは前線へ時までして、第1時間がみんなのためにSIHH展示会でのリアルタイム報道。
今回出展した十七時計ブランド:ラング、オーデマピゲ、名士、カルティエ、芝柏、高パーキン富斯、万国、积家、モンブラン、オフィチーネ・パネライ、帕玛ジョニー、伯爵、リチャード・ミラー、ロジャー杜向こう、アテネ、バセロンコンスタンチンや梵グラム雅宝。今年も“時計職人専区(Carr E des Horlogers)」をテーマに、さらに今回は増えた十三人の独立タブブランド、それぞれ:Christophe Claret、Grönefeld、ヘンリーうらやむ時、豪朗時、HYT、罗伦斐、MB&F、Manufacture Contemporaine Du Temps、Ressence、罗曼哲ロム、Speake-Marin、UrwerkとVoutilainen。