カシオ新しいOceanus OCW-G1200腕時計

は、腕時計の中には先進的な科学技術を搭載し、Casioカシオも上手で細部表現は日本特有のプロセス。例えばG-ShockシリーズMRG-G1000HTのベゼルに「鎚起」スキルや、像Casio Oceanusシリーズが発表した最新のOCW-G1200腕時計伝える「かせ塗り」の設計理念。
日本の伝統技術、カップ、碗、皿、箸……器物に落書きなど厚み黒塗りを覆う薄漆図案をこぼしにトナー、研磨面はっきり出亮霧の効果。そして新しいOceanus OCW-G1200腕時計のセラミックベゼルがをかせ塗りは霊感が、凹凸や光の質感。まず用セラミック粉末成形の作るベゼルを経て、カット、研磨後には普通の腕時計のレベルを持って、そしてベゼルに数字をおう、凸レベル、かつ霧面や亮面の特殊処理;最後に、セラミック素材の下につき1層別チタンベゼルを経て、靑いIPイオン処理、形成二色効果。
Oceanus OCW-G1200腕時計から製品までセラミック粉末圏を経て、粉末成形、ベゼル成型、カット装飾、ラッピング、凹凸霧、亮面加工及び二色処理などのマルチステップ。
ただの腕時計はチタン金属材質の特性で、金属の重厚感に見えるが、実はとてもしなやかで。によって炭化チタンTIC硬化処理によって、表面が銀色光沢、同時に高耐摩耗の性質として、傷が。そしてケース曲線やうどんの表れでもかなりの質感、亮霧面が交錯する、ケースの伸びがバンド、まるでベゼルに数字目盛、対照的に明かりの下で。