ブランパン「芸術の大家」が臻品スタジオ芸術——大波腕時計

銀曜石は沒頭神の効果で有名で、1種半透明の火山岩です。石体に分布している密雲状の銀時、その神秘的な色を宝石注入パルス特有の優雅趣、それをブランパン「芸術の大家」たちの理想的な素材制作新しい時計。このような上品な石材で新型「波」を腕時計プラチナはめ刻の基礎部分を作成するために、このユニークなはめる時の造型、ブランパンは他の種類を溶け込んで人気があるのカリスマ工芸。制作文字盤に、まずはめ部品、時の固定赤銅基材で、後には日本rokushō銅绿盐で作成する独特の緑の灰色。また、部分の浪花を研磨処理し、その瞬間、高波巻きの質感の質感、最後にはメキシコ銀曜に固定していた。このシリーズのステップは「静に出て動く」の視覚的な美しさを、色の変化の謎の文字盤と渦巻く。
時計の文字盤に、プラチナ雕制の波のうねり山吹色の彫刻は、その外観は日本画家、葛飾北斎(Hokusai)制定の木版版画「神奈川衝浪裏』(2)deKanagawa)がヒント。ブランパンで「金属彫刻大師神業」の処理で、波に胸のパワー感と動感の美と灰曜石が代表の純粋な調和に鮮明な対比を形成した。