航海旗が翻る――昆崙海軍大将カップシリーズLegend 42腕時計

にもかかわらず、これらの年、コルムは傘下の橋シリーズの中で投入のエネルギーの多くは、ユニークなデザインが世間に見せた機械と工芸の美しさは、しかしもしブランドの代表といえば意味が同時に最も認識度の腕時計シリーズのなら、まだ帰マークの海軍大将カップシリーズしかありません。今年の初めにコルム発表した海軍大将カップシリーズLegend 42自動時計やLegend 42クロノ腕時計され、同所属別のいくつかの表衆人より一段優れているアイテムで、たとえば去年栄光は玉シリーズなど、手を携えて発展の新たなマーケティング戦略、ファンの心をつかんでもっと表。
まず、「海軍大将杯Legend 42自動腕時計の2つのデザイン。間違いなくて、私たちはすぐに注意にこれらの精制鋼素材を採用した時計の上マークのじゅうに角形ベゼル設計、その大きさを42mm、紺やホワイトの2種類の盤面にして消費者の选択を覆うダイヤルには経両面防反射プロセスのサファイアクリスタルガラス表鏡。ネックは塊状表の深さをさんじゅうメートル防水だけ、この点はじつにちょっと不満が、結局は航海をテーマにしたよ、もっと深いいくつかの。
文字盤の上で運用した色の多様化の航海旗を彩るは、全体の表に俳諧に故人なしの外観は設計して、も的確に指摘するた腕時計のデザインテーマ。さん時位で、1枚の目立ちすぎないのカレンダー表示窓住んで旗の中、めっきロジウムの妃針透し彫りのデザインを採用し、前部覆1階Super-LumiNova夜光素材は、下ろく時位には、小さな秒盤。同じ表背中部分に使用サファイアクリスタルガラス、便利な装着者よく鑑賞内部に搭載されているCal.CO 395型自動的にムーブメント、それはエタ2895ムーブメントを基に磨きを提供することができる、42時間のパワーリザーブ。