帯磁する可能性があるケース① ワインディングマシーンが粗悪品

ちゃんとしたワインディングマシーンであれば、モーターと時計が一定の距離を保つ設計であったり、モーター周囲に細工をすることで帯磁しない設計となっています。

しかし、安価な商品にはこれらの対策が成されていない粗悪品もあります。

粗悪品をずっと使っている場合、帯磁する可能性は無きにしも非ずです。

ワインディングマシーンを購入するのであれば「信頼できる商品」を買うべきですし、予算がないからといって粗悪品を買うぐらいなら、寧ろ買わないほうが良いと思います。

ワインディングマシーンが原因で帯磁してしまうことより、そもそも時計に問題があることが帯磁の原因であるケースが多いです。
最近発売されるモデルは電化製品による磁力で溢れる現代社会に適応させるため、耐磁機能を持っていることが一般的となっています。

例え、非帯磁時計でも20~30ガウスの耐磁性能を持ちますので、モーターの磁力程度で帯磁することは殆どないでしょう。

しかし、ワインディングマシーンに「アンティーク時計」を入れた場合は、帯磁する可能性があります。

アンティーク時計は製造されてから相当な時間が経っているため、パーツの劣化による防水性・耐磁性が失われていることが殆どです。