時の鍵であげシリーズEシンプルClの腕時計品鉴活動デビュー南京

2016年じゅう月21日からじゅう月さんじゅう日、カルティエCl Eシリーズの腕時計品鉴あげ活動は南京で徳に基づく広場中庭で開催され、多くの平日珍しい表のフルデビューを含め、2016年ジュネーヴ国際高級時計展発売のCl Eシリーズの新たな作品をあげ、透かし彫り、神秘、陀はずみ車などを融合したカルティエ高級タブシンボル的な工芸の複雑機械式時計。
身をアイデアに先駆けカルティエ表、常に革新的な精神としてブランドの理念。この精神を育成した多くの技術革新だけではなくて、更にに転覆性の美学の設計、新しいClの腕時計をあげてEシリーズこの伝統。「Cl E」フランス語で「鍵」が気に入って、シリーズの外観が表冠に酷似している、鍵。この表冠調整時間の新しい方法だけでなく、開いたタブ界の先駆けにも、使用を連想させるキーチェーンの古い伝統の時計の上。
Cl Eの時計を持ってあげ完璧な流れ線外観、優雅シンプルなスタイルと調和統一の美しさ。ケースの鋭いエッジの角には、テーブルがきめ細かくて柔らかな、時計が柔らかな円錐。横から見ると、時計は円アーチ、この人間工学のキャラに極めてフィット腕が快適な装着。また、ローマ数字に標準・分軌、剣の形カルティエ指針等のシンボル的な設計元素ない形にしてブランドの完璧な技術、このデザインはシンプルには簡単な時計両の手のうまい物。