エルメスFaubourg Manchetteブレスレット時計が全面的に到着

エルメスは2014年に発売した腕時計は今Faubourg化身全革バッグを覆われたManchetteブレスレット時計。鞍と馬具制作には起業のエルメス素を玲瓏繊巧のケースに最高品質の革衣を着て、更に備えて豊かな色調の選択。
バラの金モデルの組み合わせで、瑪瑙ブレスレットバンド葉巻色赤、黒、濃い紫色、赤オレンジやゾウ灰色ワニ皮縫製。精鋼モデルと似合う自然牛色小牛皮あるいは更に深い色の電光靑、紫、オレンジや赤。
人は性格が強くてそれとも経典の色調は、すべてのレザーて慎重に作成するように、ケースの延長線を追って腕。新しいブレスレット時計感じように第二層肌に自然に貼り、代表的なエルメス鞍針縫い令腕時計の清純ライン両の手のうまい物。
2014年、エルメスは新しい作品をはおる上華衣時間抱きしめて女性気質のように、第二層肌。細身のラインが小さくて精巧にできている、優雅でシックなFaubourg腕時計、エルメス工房は初登場、ブランドは違う材質に演繹。2015年、腕時計は全革バッグを覆われたブレスレットキャラ誕生に鞍をつくりあげると馬具制作のエルメスの本源に敬意を表する。今腕時計結合宝石を象眼して、革を超えて造詣の芸術成就Faubourg Manchette Joaillerieブレスレット時計。
革職人工房でエルメス、裁断いっしょに完全なレザーに切ってブレスレット皮バンドに必要な各基本部品裁片。
革職人採用の有名な鞍動きの有る縫い方はブレスレット皮バンド縫合してはすべての継ぎ目の末端返し縫い三回、保証手作り堅固。継ぎ目や皮でながら押し出し线痕前、職人が拭いながら尖削皮磨。その後は縫合のベルト端染色、焼絵加熱、令皮料と称して適切な、このステップ研磨。最後にベルト刷みつろう、撥水処理。