黒漆彩絵楼閣群仙祝い

この時計は木胎黒塗りの2階建ての楼閣である。1階の真ん中は2針時計で、「乾隆年制」と書いた時計の上に、造営所特有の黄色いエナメルが書かれています。時計の上の5つの上弦孔はそれぞれ5種類の機能を制御します:歩く時、新聞の時、新聞の時、スイッチの扉、演奏します。時計の左右の両側が変動する布景箱で、左の景品のテーマは「海屋」、右側の景品のテーマは「群仙祝杯」。二階には3つの部屋があり、内には各紙がある。それに、ろくさん、きゅう、く、じゅうに時、ドアが開いて、人手執鐘さん碗ゆっくりに出かけ、駅の定めた左の人は「叮」の声を出して鐘を鳴らす碗、右鐘を鳴らす碗「」の声を出して、「ドラえもん」が一度報時の鐘が鳴って、二度報2時順次、類推、報終わって四時後、中間の鐘を鳴らす碗の時報。新聞は時刻を終え、楽曲の音が起こり、景箱内の活動装置が作動し始めた。左景箱の重山々には鶴のツルがあり、穏やかな雲を架けた仙人がゆっくり昇って、雲海の中1つの寒天が急に浮いている。右景箱の杖の寿星が、八仙の尊い宝物を順次受け入れている。楽止、新聞の時刻人は扉の内に退いて、ビルの扉は閉鎖して、景箱内の各活動装置はリセットします。ニュース
この時計には、移動時、時報、景箱内の活動装置などを制御し、かなりの技術水準を持っている。乾隆年間には、製造所で時計を作って、専門知識を持つ西洋の時計職人とマシニストが集まっていて、その時計は彼らのレベルを体現することができます。製作所の活計枠はこの鐘の製作時間と過程を記録して、乾隆8年12月から14年の正月に完成して完成して、5年以上経った。