皇後がブレゲはまもなくナポリ日夜表示項

製表企業トップブレゲは2014年のBasel Worldに投入するナポリDAY /ナイトナポリ皇後表項、経典の鹅蛋フォルムデザインケース、インサートのダイヤ、ケースサイドの貨幣紋、よんしよ時方向表冠と異色の表の耳はこのシリーズの魅力。しかし、この「DAY /ナイト」日夜表示さん表の魅力であるだけでなく、文字盤の上の靑ダイヤルがこの時計のスポットライトになるかどうかは、さん表のリーダー。
この指Breguetナポリ皇後シリーズDAY /ナイト日夜表示さん表応用経典18プラチナ鹅蛋形のケースは、規格40.05 x 32ミリ、表圏やフランジ共嵌入143個のダイヤ(総重量は1.45Ct)、18ゴールド?銀文字盤に分かれて、前半は日/夜されてBreguetアラブ字の指示の下半分に表示時間や分、ローマ字を指示し、飾りが精緻な玑粘紋と大麦の穂紋、よんしよ時位表冠嵌入1粒の楕円形のダイヤ(約0.26Ct)。
今回の特別採用Breguetラピスラズリ盤象徴夜空、靑空に組み込み天然真珠MOPバイモの白雲、ゴールド?星、と手作り刻むチタン月の図形、また腕時計の摆轮部分もむき出しラピスラズリ文字盤に、太陽を象徴する。時間が経つにつれ、靑金石も時計回りに回転する。夜12:00時、靑金石盤に刻まれた月のパターンも12時方向で、深夜。そしてお昼までじゅうに時は、摆轮移動方向じゅうに時、象徴正午。言い換えれば、この枚Breguetの摆轮ともにラピスラズリ盤面に向けてではなく、固定ムーブメントのある部位。この構造は、陀の勢車にとって、複雑な程度の度合いが。