セイコー—SEIKO PROSPEXと発表表のダイビングライセンス取得連名で、共同で最も美しい靑い地球を守る心

セイコーSEIKOに取り組む環境事業は全力を尽くし、SEIKOグループは1989年が定める内部の環境保護の政策は、1999年に再び制定環境基本理念。2016年に再びを呼び起こす海洋生態及びメンテナンス海洋保育の意識、SEIKOわざわざと台灣の有名水中撮影一緒に撮影を守るため著名監督袁绪虎蘭嶼藍色の心の環境保護の映画によって、呼びかけ大衆保護海洋。また、真夏を迎え、SEIKO Prospexプロスポーツシリーズも世界で最も権威と潜水の訓練機関(プロAssociationオブDiving Instructors、ダイビングライセンス取得)とコラボ2項の新しい限定ダイビングライセンス取得連名表種類と、3項はLOWERCASEクリエイティブディレクター梶原由景の潜水スペシャルモデルを設計して領海で冒険家体験深海の美。
愛は応答海洋環境保護、議題SEIKOもはち/じゅういちから顔を公式本別刷り#愛海洋活動、海洋環境保護を分かち合うだけSEIKO映画を書いて、環境保護の宣言、すなわち機会を得るSEIKO Xダイビングライセンス取得連名潜水表1匹。
緑の企業精神を守るSEIKO貫徹靑い海
ずっと以来SEIKOの環境基本理念:「企業と個人の役には、私たちの環境を大切にして、環境を保護して仕事の方向。」に限らず、商品開発、製造、販売、商品輸送容器として再利用SEIKO堅持して企業は必ず完備な計画や関連措置環境保護を支持して、最もからほんの些細なことも考えて環境と人の関係、これはただスローガンは、より実際の行動!だからは2000年から、SEIKO各事業部を含む完全符合欧州連合のニッケル、包装物や有害廃棄物の環境基準がある。2008年じゅうに月以降、全シリーズのブランドのクオーツは全て使用無毒の無水銀電池。