腕時計は中国の心を風靡した

1735年で遠くのスイス誕生、同年乾隆皇帝即位となり、中華「三世の春」の重要な標識。そんな偶然生まれ、ブランパン時計と中華文明の輝きを結びました。200年のあと、ブランパン故宮の文化の特徴によって、大量の先進技術を採用し、時間のいち年、この枚意義非凡な腕時計をその命名:「ブランパン乾坤カルーソ」腕時計。ダイヤルに、デザイナーの「中華太極」はじめ形、陰陽と融合を人に与えた時、海乾坤の感じ、腕時計の背面には刻んだ「1735」、「乾隆」などの文字が。底に故宮博物館の図案を洗练がひときわ典雅精緻で、週辺よりクラシック精緻な中華の瑠璃瓦を飾って。
スイスからの放送威と中国が解けない縁、早くも2億4千年の清道光年間、播威の創始者EdouardBovetから清の王公貴族達に売却の高い高級西洋時計、清朝の大臣李鴻章が播威のファン。琺瑯のエナメルペイント3問1は特徴:エマイユの大きい表面のテクスチャは円やか、エナメルペイントで動物が多いことを描いて。3聞く声は遠くてぽき、肉声は味わう。ケースは貴金属制、還元懐中時計を。ひとつの播威表の制作時間は平均4年6ヶ月の場合、より複雑な表の制作時間にわたる一年より、これらのテーブルは制作過程の中に大量の貴金属を運用して、その中の三分の二金料制作に挑戦して、だからカード表は極めて貴重。