パテック フィリップ:SSケースに手書き風フォント。意外性のあるカラトラバに複雑機構を搭載

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー Ref.5212A 394万2000円(今秋発売予定)
シルバーダイアルに、ブラック仕上げゴールドのインデックスをセット。外周に月と週表示、内側に曜日表示を配し、どちらもポインター針で指し示す。40㎜のSSケースに新開発の自動巻きCal.26-330 S C J SE搭載
年間予定として欧米でよく使う週番号表示は、目盛りが53週まであります。2020年のように何年かに一度、53週あるからです。文字盤フォントは手書き風で、ヴィンテージ調に表情を整えるのに一役買っています。また、歯車にバネ性を持たせることができるLIGAで3番車を成型し、センター秒針のブレを抑えた新開発キャリバーも特筆ものです。そしてもう一つ、SSケースの採用も同社としては珍しい。実に多くの“ユニーク”が詰まったカラトラバなのです。