Boucheron宝詩金志文『端午金曲すくい竜に伴う様々経典」

「ろく月きゅう、く日、江蘇]端午特別番組『端午金曲すくい」はろく月きゅう、く日に入り乱れて上演して伝統的な佳節。心を込めて选んだのは、金曲として新たな激情創作、すばらしい視聴覚の宴を献上する。新晋が中国語の音楽シーンを歌う実力を金志文夜1曲の新しい原作の歌「もう一度」を歌うのに舞台。
懐かしい温かみ時間、金志文再び手を携えてBoucheron宝詩竜栄光登場。サラウンドは腕の間のReflet腕時計完璧にまじる現代建築美学粋がシンプルな大気の格調。円やか弧形に映えている金志文繊細に抑揚のある音の線迂回し、歌って千裏の端午の祝福。美しいサファイアを彼の独創性のために心を込めて飾り光華のきらきら光る韻脚。指のBoucheron宝詩竜経典Quatreブラックリングとスマート音符衝突出多くの注目のすばらしい瞬間を。控えめなReflet腕時計と耀目深いQuatre指輪のコントラストを金志文独自の輝く焦点になる。