ロレックスは、国際建築展と協力―2016年にはベニスのダブル

2016年ご月26日、ベニス—ロレックスをサポートする世界初の建築屈、展覧会、この建物展がご月28日からじゅういち月27日に行われベニス。これはロレックス三年(2014年、2016年と2018年)の第二次を国際建築展―ベニスビエンナーレの独占パートナー兼指定時計。
ロレックス喚問やイメージ総監アーノルド・ボット斯(Arnaud Boetsch)は「建築ビエンナーレの協力、私達はとても誇りに思って。建築とタブたくさんの共通点は、どちらも兼ね備えなければならない機能と美学も、便利で実用的な、また目。これを行うには、正確でなければならないとの性能の方面で最高の水準に達する、これこそロレックス胜人一筹ところも、今後の6ヶ月、この歴史ある町で行われた展覧会で示せ。」
ロレックス世界をリードする高級腕時計ブランドは、一世紀以上前の創業者のハンス・ウェルズ多夫(ハンス!Wilsdorf)の信念に力を入れて、すべてのレベルを改善。彼は新しいケースを創造した構造を、経典のカキ式シリーズ初の防水時計のようになって、偉大な建物のようにして、時間の洗練して倒れず。
過去50年、ロレックスそのオフィスビルの設計と建築、要求とタブ理念も一緻して、同様に努めて卓越した。会社の最新の2棟のオフィスビル、隈研吾(Kengo Kuma)設計のテキサス州ダラスオフィスビルや、イタリア艾宾尼建築士事務所(スタジオAlbini)設計のミラノオフィスビルは、展示に焦点を当て、展覧はロレックス展覧会開催の花園。
ノーマン・フォスタージャズ(Lord Norman Foster)、ダニエル・でバーズ金(ダニエルLibeskind)、フランク・ゲーリー(Frank Gehry)、西泽立衛(Ryue Nishizawa)などの有名な建築家はかつてロレックス创艺推薦資金計画(Rolex Mentor and Protege Arts Initiative)顧問を務める。この計画は2002年設立以来、指導教官の芸術家が務めアルバロ・西ゆい(Álvaro Siza)、妹島和世(Kazuyo Sejima)、ピーター・ズントー(ピーターZumthor)して、現在の担任を受け持つデイヴィッド.奇普フィールド(Sir David Chipperfield)、2012年務め建築双年展の策展の人。