スイスの腕時計の内外価格差はどうして発生したのですか?スイスの腕時計の内外価格差はまたいくらですか?

腕時計は値段のひらきが存在して、異なる国家で価格を買うのも異なります。この点はみんなはすべて知っていて、それではスイスの腕時計の内外価格差はどうして発生したのですか?スイスの腕時計の内外価格差はまたいくらですか?次に腕時計の家はあなたに教えに来ましょう!

  国外で旅行して、買う商品は出国の時すべて税金の払い戻しを行うことができます。つまりこの個人所得税は増値税を指して、各国の値上がりする税率は尽きなくて同じです。増値税のもっと高い税金の払い戻しはすぐもっと高いです。しかし税金を払い戻す時はすべての増値税をすべて別に返しなくて、一定手数料を差し引かなければなりません。

  スイスは多くの人の時計を買う時の最も重要な考慮する地です。スイスの時計店は大部分が(は)規模が広大で、モデルを表すのがそろっています。新作、数年前の旧型、万年暦、陀はずみ車、各種の複雑な機能表の店はすべて現物を提供することができます。

  スイスですぐ時計に買わないの、現地の時計店で腕時計のバンドあるいはその他の部品を替えることができますも。この過程はスイスの労働者のサービスする純粋なスイスの過程でのを享受します。ロレックスの規定によって、政府が腕時計のバンドあるいは時計の文字盤を替えることができます。もしもスイスの以外の場所は部品を替えて、部品は恐らくスイスから来て原産したのではなくて、いっそうスイスの労働者の技術まで(に)享受することがあり得ません。

  各国の腕時計の値段はほとんど一致しますが、しかしヨーロッパの価格と国内の違いは比較的明らかです。スイス知名腕時計ブランドロンジンを持ちにとって、ロンジンは2013年に青黒色のゆったりしているウィーナーの新作のGoldsmithsでの小売り価格は2080ポンドで、人民元を換算しておよそ22000元です。国内にあって、この腕時計の全国が売価を統一するのは34800元です。同一の腕時計の定価の違いの12000元。しかし普通の違いは比較的小さくて、ロンジンの良いもやのシリーズのひとつの基本のモデルは国内で売価は7700元で、Goldsmithsの売価は610ポンドで、人民元を換算しておよそ6480元で、内外価格差はおよそ1200元です。