公定価格は4万円で、オメガAquaTerra 150は競争力がありますか?

15年前、オメガの海馬シリーズの腕時計が誕生し、十数年にオメガならではの名作に発展しました。2002年、オメガは海馬シリーズの家族に新たに加わった「アクアテルラ」。その中でもAquaTerra 150はずっとオメガの最も代表的なカジュアル腕時計の一つで、多くのファンの愛顧を受けています。
AquaTerra 150は入門級の製品で、ロレックスDatejust 41の有名なものもないですが、ほとんどの最新技術が含まれています。多くの同じ機能を提供しながらコストの大半を削減しました。
AquaTerra 150は海馬シリーズに属していますが、厳密な意味では潜水時計ではなく、海洋精神に満ちた精致な製品です。つまりAquaTerra 150はレジャー航海愛好者のために設計されています。専門の深海潜水士ではないので、様々な場面で着用するのにもっと適しています。
去年、オメガはこの時計に対して外観の変化をしましたが、変わらないのはブロック表を貫く海洋元素です。例えば、柚木の文字盤が垂直なテクスチャから水平なテクスチャに変化しています。個人的にはこのような転換はヨットデッキの設計概念にもっと合うと思います。日付ウィンドウは3時の位置から6時の位置に移動します。文字盤の防水系デジタルモデルは表の背に移動され、ブロック表全体に完璧な対称性が現れ、より簡便な雰囲気が現れます。