雨の中で上海外灘を撮影して時計を買って略図を研究します

私は1つの偽りの文芸の青年として、同様に文芸の青年のいくつか特徴を持っていてたとえば雨天散歩して、ゆっくりと落ちる夕日の同じくあるいはゆっくりと昇る太陽を見ることが好きです。しかし今回のは雨が降ってのにあげる上海の旅多くの不便なことを持ってきて、以前は腕時計の家の編集はみんなのために一連の北京に文章を書いて攻略の文章を表してみんなを得て広範に関心を持ちを買って、そこで今回が遠路はるばる上海に来てみんなのもっと良くて更に便利なののに自分の心から愛している腕時計を買うことができるためただ実地調査するだけを編集します。
外灘(theBund)、上海市の中心区の黄浦江畔に位置して、それは上海の光景で、上海の観光する観光客が必ずの地まで(に)まで(に)。外灘の別名の中山東一路、全長の約1.5キロメートル。東側は黄浦江を西に臨んで、西側はゴシック式、ロマネスクだ、パロック式、中国と西洋のために壁式などの52棟の風格がそれぞれ異なるビルに相当して、”万国の建物が群を広く読みあさる”と称させられます。もしも私はその時方向を失っていないで、私達の遊覧は順次西から東への順序であるべきです.