伝承タブ経典ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計

ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計はティソ表は1936年発売の1項の経典シリーズの再解釈。そのデザインセンスにさかのぼるにじゅう世紀さんじゅう年代の腕時計の革命は、その時腕時計が徐々に置き換え懐中時計から主導市場は、この新しい製品はこの試みのリードに敬意を表する。悲惨で空前の第一次世界大戦の後、男性から実用性を考慮し、あきらめて懐中時計をなくし、装着腕時計。職人達は試みの懐中時計のケースの両側に溶接でアーチ掛け金用に、背面から乗せてバンド、をしな装着は腕の時計。ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計は制作の方式を採用したという。
\ \
上質なブラウン革バンド採用精緻な乳白色縫い縫製で還元その最初の姿も同時に、このプロセスから補強バンドの役割。バンドを解体した後に、時計を開けて開くことができます。背中には個性的な文字や飾りが刻まれています。レトロな針は昔のぜいたくな表工芸を思わせる。今日はこのような腕時計が必ず出てくる。これは個性を発揮する時だ。