スイスの時計の日常のメンテナンスに関する注意事項

時計愛好家として、手首の宝物を大切にしましょう。有名な時計の場合、メンテナンスの質がその価値に直結します。

スイスの時計のメンテナンスと日常の使用上の注意:

1.温度による熱膨張・収縮による防水ゴムリングの経年劣化を避けてください。スイスの時計(防水時計を含む)は、温泉、サウナ、大量の水蒸気、温度や湿度の急激な変化のある環境では使用しないでください。

スイスの時計

2.ボタンを操作したり、水中でスイスの時計のクラウンを調整したりしないでください。通常の使用では、ネジなしのクラウンはクラウンを元の位置に戻し、ネジ付きのクラウンは水の浸入を防ぐために締める必要があります。

3.ストラップとケースは定期的に清掃してください。スイスの専門時計の清掃・修理ステーションに行ってメンテナンスを行うことをお勧めします。耐水性の高いスイスの時計でも、長時間水中に置いたり、水に浸して洗ったりしないでください。

4.時計バンドの素材が浸透しやすい場合は、水、湿気、化粧品、その他の化学物質を含むものとの接触を避け、変色や変形を防ぐために日光にさらさないようにしてください。レザーストラップは消耗品であり、頻繁に着用する場合は定期的に交換する必要があります。

5.スイスの時計を強くぶつけたり落としたりしないでください。酸化金属、水晶、砥石、砂紙、花崗岩の表面、コンクリートの壁など、同じ硬度以上の物体の表面にスイスの時計を無理に押し付けないでください。スイスの時計を外すときは、安全な場所に保管する習慣をつけてください。

6.スイスの時計を、磁場を発生する電化製品(ステレオ、冷蔵庫、コンピューターなど)や磁気物体(磁石、携帯電話など)の近くに置かないでください。さらに、ラゲッジスイッチの磁気バックルにより、スイスの時計が磁化され、スイスの時計が不正確になったり、一時的に停止したりする可能性があります。

7.損傷や不正確なカレンダージャンプを避けるため、スイスの時計の日付を22:00〜2:00の間に調整しないでください。スイスの時計で時刻を調整する必要がある場合は、クラウンを反時計回りではなく時計回りに回してください。

8.いかなる状況においても、スイスの時計を自分で分解しないでください。スイスの時計が指定されていない修理場所で取り外された場合、スイスの時計は保証の対象外となります。弊店ではロレックス等スーパーコピー時計を扱っております。感謝の気持ちを込めて本日から全商品に対して10%安くいたします。どうぞご利用ください。